更新履歴
2012年開催に向けてのお知らせ
2012年11月3日 

2012ゼロヨンフェスティバルは盛況のうちに無事に終了いたしました。
エントラント並びに関係各位の皆様の応援のおかげです。
ありがとうございました。

みなさまも知っての通り、春に端を発した2012年開催の動きは秋の大会開催という結果を持って一応の幕を閉じました。
来年の日程等は何かしらの動きがあり次第この場でお知らせしていきます。

今後共ゼロヨンフェスティバルをよろしくお願いします。

追記
前日練習〜大会当日の画像は近日中にUP致します。
お楽しみに!

2012年8月22日

春の開催を目指して結果として未開催となったゼロヨンフェスティバルですが、
11月3日(土)文化の日に開催が決定しました。
エントリークラス等の大会特別規則はREGULATIONSのページにてご確認ください。

尚、エントリー受付期間は9月15日〜10月7日となっております。
また、経費削減のため今回よりエントリー用紙は当サイトよりダウンロードして頂くことになりました。HOW TO ENTRYのページよりダウンロードしてください。皆様のご協力をお願いします。

ご不明な点はランドナーゼロヨン事務局(足立)TEL.092-672-4533 
又は、プロヘッドモーターファクトリー(林田)TEL.092-834-9330 までお願い致します。
メールによる問い合わせは zeroyonfestival@gmail.com までお願いします。

2012年3月12日

約1か月にわたって春の大会開催に向けての仮エントリー募集を呼び掛けてきました。
集まった台数を元にオートポリスと交渉致しましたが、
春の大会は未開催になりました。
1年ぶりの開催に期待していた皆様には本当に申し訳なく思います。
しかしながら、今回の仮エントリーへの期待する皆様の思いを伝えたところ「充分な準備期間を設けて秋に開催しませんか!?」と言う提案を先方より頂きました。恐らく11月ごろになると思われます。
詳しい日程は後日この場で発表します。

2012年3月 2日

仮エントリーの受け付けは本日で終了しました。仮エントリーくださった皆様ありがとうございます。
ですが引き続き仮エントリーを受け付けます。
実際のオートポリスとの打ち合わせ時迄に1台でも多くの仮エントリーがあったほうが開催に向けて前進できます。
よろしくお願いします。

2012年2月25日

本日発売のロードライダー誌の記事の訂正です。

ロードライダー4月号116ページに掲載されています仮申し込みの締めきり日は、
3月15日ではなく2月末日までです。
参加を検討されている方で5月4日に開催されれば、ほぼ確実に出られるという方は仮申し込みください。

また開催クラスですが前回の4クラスの案に追加で別にもう一クラス作って欲しいという希望がありました。
別にクラスを設けてもエントラント数が見込めるようなものであれば積極的に採用していきたいと思います。

2012年2月17日

前回お知らせした5月開催に向けて、まずは今月2月中に確たる台数を把握したいと思います。
正式なエントリーはイベント開催の決行が決定してからとなりますが、今月中にメールもしくは電話にて参加の仮申し込みをお願いします。
また、事務局は今まで通り「ランドナー」で、大会組織委員長も今まで通り「柴戸伸哉」で進めていきますが、具体的な問い合わせ先は「ランドナー」ではなく「プロヘッドモーターファクトリー」にお願いします。


仮申し込み内容
★メールの場合”ゼロヨンFes仮申し込み”とタイトルに入れてプロヘッドモーターファクトリーまで送信下さい。
e-Mail pro-head@juno.ocn.ne.jp
メール本文に「名前」「郵便番号」「住所」「電話番号」「参加車両名」 を記入して送信下さい。これだけで結構です。
ショップ様で台数を取りまとめて頂けるときは「ショップ名」「郵便番号」「住所」「台数」をご連絡ください。
★電話の場合も上記内容を口頭で言って頂ければ結構です。

プロヘッドモーターファクトリー
819−0164  福岡市西区今宿町425−7
TEL/FAX  092-834-9330

e-Mail pro-head@juno.ocn.ne.jp

仮申し込みにて参加台数が確保できれば正式なエントリー用紙をお知らせいただいた住所に送付します。
もし、参加台数が見込めない時はイベントそのものが延期、若しくは白紙となります。


今年度開催クラス予定&エントリー代
エントリー代は従来通り
¥15000を予定しています。
ゼロヨンフェスティバルは公平性を保つため多くのクラス分けを行ってきましたが、今年はそれを大きく4つに分けていこうと考えてます。
従来のゼロヨンFesと仙台で行われているJD−STERを足して2で割ったようなクラス編成です。


★PSB・・・・ゼロヨンフェスティバルで従来あったH−2クラスです。外部スターターを使ったドラッグスリックタイヤ装着車

★SB・・・・ゼロヨンフェスティバルで従来あったH−1&EG−5/4/3等で9秒台を過去に出したことがある「車両&ライダー」

★4C−O・・・・いわゆるモンキークラス。従来通りのクラスです。

★オープントーナメント・・・・上記以外の車両&ライダー。殆どはこのクラスになると思います。1/4マイルの到達タイムが10.0秒以上掛かるクラス。10.0秒を切って9秒台に入った場合は自動的に上位クラスに変更されます。

  
以上4クラスです。

各クラスは午前中に予選3本を走り、そのベストタイム順に予選タイムの上位から8台ずつのラダーを組み、トーナメント戦を午後から行います。
トーナメントはタイムでクラス分けしますので、排気量、馬力、タイヤ、装備での不公平感は出にくくなりますので、「勝つためにバイクを改造しなければ!」等の必要はありません。自分の持っているバイクで楽しむ事が出来ます。

また、トーナメントでクラス優勝したいがために予選で緩いタイムをだし遅いクラスに行こうとする考えを防ぐために0.3秒ルールを適用します。 これは、オープントーナメントクラスのラダーの
各ブロックの1位の予選タイムを0.3秒以上上回るタイムを記録すると失格になるものです。ただし、経験の少ない方などはで走る毎にどんどんタイム更新していく場合もありますのでそういう場合は適用されません。

大まかな点ではこのような感じになります。
皆さんのバイク仲間で少しでも興味のある方は是非誘ってみてください。
今年もし開催が決行されれば、上記の様なクラス分けで運動会の乗りでも楽しめるようにやっていこうと考えています。

2012年2月13日

2011年は開催されなかったゼロヨンフェスティバルですが、2012年の開催に向けてオートポリスと具体的な交渉に入っています。
ここ数年の春の大会はエントリー台数が減少する一方で一昨年は60台前後しかいませんでした。
これではオートポリスも快く貸してはくれません。
しかし、確たる参加台数があれば開催は決行されます。

ぶっちゃけた話をしますが、120台以上の参加台数があれば開催へ大きく前進します。
もし参加の意思があるならば是非手を挙げてください。
今のところコースが空いているのがゴールデンウイークの5月4日です。

台数を集めるにしても期限と言うものがあります。
これは今から交渉していく中での話になりますが、近日中にその期限の確認を取ります。
皆さんのバイク仲間で少しでも興味のある方は是非誘ってみてください。

進展があり次第またご報告いたします。
併せてスポンサーも広く募集します。

よろしくお願いします。

 協賛  ミシュランタイヤ販売(株) 九州ダンロップ販売(株) G-craft KIJIMA OMEGA BLAZE JAM co.ltd JP-STROKER シンコータイヤ
2012年ゼロヨンフェスティバル開催日程

開催日 エントリー期間
春の大会 未開催
秋の大会 11月3日(土)文化の日 9月15日〜10月7日
Copyright(C) ZERO‐YON FESTIVAL All rights reserved.